続)帯状疱疹治療レポート

これ↓の続き

帯状疱疹治療レポート

6/21(日)17:00 治療

ヘルペスはやや乾いた状態に。

またしても腎虚単一が出たけれど、脉が浮いてきたので本治をやりなおし、私の定番である脾虚腎肝実となりました。お灸なし。

朝の痛みがあまりに激烈だったので、また痛くなったらどうしたらいいですか!と泣きついたところ、その都度子午で対応すればいいだろうとのこと。

みなさんご存知のように(知らんか)この土日は大潮で新月で日食が重なるという、まるでワルプルギスの夜のような時でしたよね(違。

痛くなったらどうしよう、とガクブルで夜をすごしました。

いえ、すごしていません(どっちやねん。

ワルプルギスの夜にふさわしいものがやってきました。

6/22(月)1:00 なんと、両側に痛みが!!!!

まったく左右対称に痛みが。両側なのでどうしたらいいかわかりませんでしたが、痛みの合間に片方ずつ子午をやったところ、鉄球をぶつけられる痛みから、野球の硬球、テニスボール、ゴムボールへと痛みはおさまってなんとか眠ることができました。

が。

とにかく戦々恐々。魔女との戦い(わかる人にだけわかる)に疲れ果てたので治療に出向く気力もなし。

6/23(火)

汚れたソウルジェムをきれいにして貰うために(わかる人にだけわかる)漢医堂に出向き葛野先生に治療をしていただきました。

 

左側にも出ているのではと心配でしたが、幸いその気配はないとのこと。

心虚肺腎実証でした。

さて、うっかりと前回のレポートで用穴をお伝えしておりませんでしたが、すべて栄火穴でした。

ところが今回は原穴です。つまり炎症がとれてきた、ということですね(激喜。

このように(どの?)本治法における選穴も脉締によって行います。どの穴か、どの鍼か決めかねたなら、脉締するものを選べばよいのです。

続きは↓こちら

続々)帯状疱疹治療レポート

 

 

最後までお読みくださりありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑クリックしていただけると励みになります♪

Follow me!

続)帯状疱疹治療レポート” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。