あなたの押手はワインのビンを掴めますか?

みなさんご存知のように(知らんか)子午鍼法は「効かない」ということがありません。

子午が効かないのは、取穴が悪い・経が間違っている・押手が悪い、のいずれかです。

大切なことは2度言います。

子午が効かないのは、取穴が選経か押手が間違っているからです。

押手のポイントは、母指と示指が満月になっているかどうか、母指端と示指端の間に隙間ができていないかどうか。

そして母指と示指以外の3指による保持がしっかりしているかどうか、です。

見逃されがちな3指ですが、これがしっかりしていないと母指と示指もぶれてしまい、氣が漏れてしまうこととなります。

子午鍼法は補法ですので、氣が漏れてしまうと効かないのは当然です。

⬇︎氣鍼医術以外の経絡治療家の押手

⬇︎当会葛野代表の押手

違いがお分かり頂けますでしょうか。

反月か満月かはもちろんのこと、3指でのホールドが全く異なります。猫の手になってしまっていますね。これでは患者さんが体を動かしてしまったら、押手もぶれてしまうのです。


押手のトレーニングにはビンを持つのがおすすめです(中身が入っていればなおよし)。画像はシェリーですが、ワインでも日本酒でも焼酎でも無問題です。

3本の指でしっかりホールドすれば、満月にして母指と示指の間に隙間ができないようにすれば、あなたの子午は威力を倍増することでしょう。

 

最後までお読みくださりありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑クリックしていただけると励みになります♪

Follow me!