【症例】治療後にパルスオキシメーターの値が100%に!

明石の「きくの鍼灸整体院」菊野先生による症例報告です。菊野先生、ありがとうございます。 

50代 主婦 既存の患者さん 

孫からの風邪か何かは不明だが(ウィルス系とは言われてそう)、うつされて風邪症状を発症。熱は下がったものの、咳だけが続き苦しかったので病院にてレントゲンを撮影。肺炎と診断。

治療日当日、いつも治療の時間5分前に自転車で通院してくるのだが、その日はなぜか30分も早く来院。聞くと、苦しくてゆっくりしか動けないために家を早く出たとのこと。

治療室に入るなり、肩で息をし、合間に必ず咳をしないと喋れない状況。胸中央が痛く、苦しいとのこと。いつも楽しく会話する方なのに、全くできない状況。

治療前酸素濃度、パルスオキシメーター95%

肺炎は、心虚相克実か心包虚相克実が多いことと、やたら食欲があることから胃実も考慮して心包から取穴。

左右内関では、脈が締まらず。
よって、心包虚でないことが判明。
その後、
右通里にて、脈締。
右太衝にて、脈締。

平針にて、左臨泣ー左後谿にて脈締確認。

 

右心虚相克実証

寝ると苦しいので、座ったまま治療。

再度、補法を通里、太衝に施す。

その瞬間に、呼吸が急に楽になったと。

指につけていた、パルスオキシメーターも100%に上がる。

 

実邪の処理。
肺経の圧痛部、中府、尺沢を丁寧に瀉。
腎実は少なかったので、軽めに瀉。

任脈、圧痛部に瀉的に施す。

任脈の瀉を施してから、胸の痛みもなくなり、普通に喋れるし咳も出ない状態に。

治療終了。

顔色も良く、喋れるー苦しくないーと言い、自転車で、颯爽と帰って行かれました。 

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

↑クリックしていただけると励みになります♪

 

Scroll to Top