霧笛に噎び泣く、それでいてロマンの「氣」循る魅惑的な神戸の街、それも鍼灸臨床の現場からの魅惑的な鍼灸情報の発信である。

因みに、発信者は鼻下に髭を今様に蓄え古きに見えてモダンの「氣」薫る、気迫漲る鍼灸の求道者”葛野玄庵”その人である。

東洋医学の復権に寄せる竹山普民のパトスとロゴスを受け継ぎ、自らの臨床に深き思索を巡らせつつ、福島弘道・井上恵理の「経絡治療」の世界を継承発展させ、現代日本人に叶う独自の鍼灸世界の指南書、「脉診流氣鍼医術」の結実をみたのである。

ところで、日本の自然・風土に育てられ、民族と共に星霜の歴史を歩んできた東洋医学。日本人の人種的特質と疾病に関わる歴史的な蓄積をもつ東洋医学。この医学に刻された日本と日本人のDNAの刻印有る無しが、流布する鍼灸各派の”真贋”ないし”真偽”を判ずる鍵であり、玄庵の世界はこれに叶って”真”なるものである。

さて、今時の日本は如何にも棲みにくい。外的には、天変地異と異常気象、天・地・水と食の汚染など「疫礪の氣」に傷つけられ、内的には、情報・IT主導の”管理・格差社会”のなかで社会の歪みに傷ぶられ、社会の複合現象に曝されて「七情の氣」を病むを余儀なくされている。日本列島はさながら”総日本人総病人列島”の観を呈し、棲む人はみな「氣」を損じ「氣」を労して、”個体維持”はともかく”種族維持”さえも儘ならぬほどの苦悩を生きているのである。

「経に曰く、百病は気より生ず、喜んで心を傷るときはその氣散じ、腎氣乗ずる、怒って肝を傷る時はその氣のぼり、肺氣乗ず、憂えて肺を傷るときはその氣結ばれ、肝氣乗ず、恐れて腎を傷るときはその氣怯く、脾氣乗ず、暑きときは氣泄れ、寒きときは氣おさまる、もし恬憺、虚無、精神内に守れば病何によって生ぜん」(本郷正豊「鍼灸重宝記」)と説く。

「内傷」重視の東洋医学の出番である。別して葛野玄庵の「脉診流氣鍼医術」の出番である。

「微鍼を持って皮膚にやさしく語りかけるがごとく『極く浅く接触・刺入』して『氣』の補瀉を行い、病苦を除去する」を本旨とする「氣鍼医術」は、現代日本人の「氣」の盛衰を良く正すを得て病めるを治すと共に、未病をも治する。

かくして、誰もが理解して同一を実現しうる、”再現性”あるノウハウが盛られた、現代に叶う伝統的な”鍼灸指南”の一書「脉診流氣鍼医術」の折角の上梓に私の拙い序文をここに捧げて、同じ道を往く同志としての愛をこめて、心からの連帯の挨拶を贈るものである。

医学博士・元大阪市立大学医学部助教授 藤原 知 識

故・藤原知博士と葛野玄庵