普通部(令和3年度第1回)を開催いたしました

数あるブログの中から当”氣鍼医術症例ブログ”をご訪問くださりありがとうございます。

経絡治療の経験が4年未満の方を対象とした氣鍼医術臨床講座普通部の令和3年度の第1回を開催いたしましたので、その報告をさせていただきます。

開催日:2021/04/04

場所:漢医堂セミナールーム

講師:中村泰山、葛野玄庵

 

当日の流れ

・代表葛野玄庵挨拶

・中村泰山による概論説明

・子午鍼法実技

・押手実習

・葛野玄庵によるモデル治療

↑氣鍼医術永世顧問藤原知博士との思い出を語る葛野玄庵

氣鍼医術に触れるのがまったく初めてという方もいらっしゃるので、まずは氣鍼医術の概論説明です。

2年生以上の経験者による子午のモデル治療です。子午は偏り病症に顕著な効果のある標治法です。氣鍼医術のすべての基本です。

1に押手、2に押手、3,4がなくて5に押手です!!

氣鍼医術の治療力は補瀉を確実にコントロールできるいるからこそです。そのベースとなるのが押手です。

理論がシンプルゆえ、治療の成否をわかつのは押手の正確さです。思った効果が得られないという場合、ほぼ押手に難があると思っていいでしょう。

こじれた症状で子午では取り切れなかったものには督脈からのアプローチを。

頚椎と胸椎を行ったり来たり

 

咳と痰が数週間治まらないという風邪様症状の受講生をモデル治療です。腹氣鍼診断®から始まって、奇経診断、本治法、背部標治法とフルコースです。

 

証は心包虚肺腎実証でした。肺実の処理によって肺炎もその場で治すことが可能です。腎実処理ではもちろん結石をおろすことができます。

初学者にも1年で肺炎や結石に対処する治療力を得ることができる氣鍼医術の再現力、再現性のない名人技に頼ることなくどなたでもその場で治療効果をご確認いただけます。

みなさまの臨床にぜひとも氣鍼医術をお役立てください。

最後までお読みくださりありがとうございます。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

↑クリックしていただけると励みになります♪

Scroll to Top