子午鍼法実践講座のお知らせ

数あるブログの中から当「氣鍼医術症例ブログ」をご訪問いただきありがとうございます。

このたび「子午鍼法実践講座」を開催する運びとなりましたので、そのご案内をさせていただきます。

日時:8月7日(日) 10:00〜13:00

会場:北野坂文化教室(クリックするとGoogleマップが開きます)

講師:中村泰山/葛野玄庵

参加費:一般 5000円/学生 2500円

定員:限定15名

申し込み締切:8月2日(火)

講座内容:

子午鍼法基礎理論(子午拮抗の組み合わせなど)

基本手技実習(取穴から抜鍼、問診から施術経絡決定への流れなど)

主催:氣鍼医術臨床講座

氣鍼医術「子午鍼法」その特徴

1:左右の陰陽拮抗経絡の虚実を補瀉するだけである

2:痛み、だるさ、重み、ひきつれ、つっぱり、痺れ、麻痺などの慢性急性問わず、偏在病症に即効性がある

3:日時・年・季節から導き出す複雑な数式や時間的制約を必要としない

4:経絡の存在が実感できる鍼法である

5:治療と同時に、本治法の決定に向けての診断術のひとつでもある

6:鍼を接触するだけの無痛鍼法である

いま、そこにある痛みを「魔法のように消す」ことができる!それが氣鍼医術の子午鍼法なのです。

例えば、いま一緒にいる友人が「胃が痛くてムカムカしてきた」と訴えたとします。そのとき、手首の内関穴を指先で優しく押しながら、氣を集中するだけでその痛みが即効消えるのです。信じられないでしょうが、事実なのです。

世の経絡治療家ならば「ごくあたりまえの経絡現象」なのですが、知っている人は知っている、知らない人は全く信じないという不思議な世界、それがこの「子午鍼法」の世界なのかもしれません。

子午鍼法は脉診流氣鍼医術の治療法、かつ診断法のひとつでもあります。

その意味でも治療過程において脉診は不可欠です。

氣鍼医術独自の概念である「脉締(みゃくてい)」は全ての診断基準となります。

その脉締の感覚も体得なさっていただけることと思います。

お申し込み、お問い合わせは下記フォームにて承ります。

※受信制限をされている方は kishin.ijutsu@gmail.com を受信可能に設定しておいてください。24時間以内の返信を心がけておりますが、サーバートラブル等で返信がない場合はお手数ですが再度お申し込みいただくか、氣鍼医術事務局(漢医堂三ノ宮分院内 TEL:078-334-1589)までお電話ください。

ご参加、お待ちしております。

最後までお読みくださりありがとうございます。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

↑クリックしていただけると励みになります♪

Scroll to Top