藪に鉄砲を撃ったら歯痛が治った話

先生、褒めてください!子午で歯痛を治せました!!

ほう!どうやって治したんや

上の前歯のあたりが痛いというので●●経と判断し、その子午拮抗経絡である◯◯経の◉◉穴を補ったところ、その場で痛みが消失しました!!数年来の痛みだったそうです!!!

●●経?本治までやったんか?

いえ、子午だけで痛みが取れてしまったので本治まではやりませんでした。その後も痛みは出ていないでそうです!!(必死で訴えている

◉◉穴の一穴でか?

そ、そうです(長引く突っ込みに不安になってきている

あのなー、歯の上って●●経とちゃうやろ

え、え、そうでしたっけ??歯茎が浮いたときに胆経を触られたような記憶があって、胆経の拮抗経絡は心経だから神門を使ったんです(激汗

それでも痛みは取れたんやな、だったら臨床の結果を優先すべきや

と、言いますと?

上の歯は胆経ではないけれど、神門で治ったということはその痛みは胆経がらみの痛みやった、ということや。三叉神経痛かなんかやったんやろう。

なるー!ということは、セオリー通りに胃経だと判断して心包で脉締しなかったら、胆経かも?と推測しなくてはいけないということですね?

そういうことや。今回はほんまタマタマや。藪に鉄砲うったらタマタマ鳥が落ちてきた、いうことや。だから次に歯痛なおそうと思って心経さわっても、治るかどうかわからんやろ。

そ、その通りです

だから本当に実しているのがどの経絡かを定めるために、子午診断と奇経診断の整合性が必要なんやで。

子午と奇経と本治の連動が重要だってことがやっとわかりました!!

遅すぎるわ!!

 

最後までお読みくださりありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑クリックしていただけると励みになります♪

Scroll to Top