普通部を開催いたしました

数あるブログの中から当”氣鍼医術症例ブログ”をご訪問くださりありがとうございます。

経絡治療の経験が4年未満の方を対象とした氣鍼医術臨床講座普通部の令和3年度第11回を開催いたしましたので、その報告をさせていただきます。

一年間の最後ということでまとめです。子午診断から奇経診断、腹氣鍼診断®︎、そして本治法の証を導き出すまでの1連の流れです。

従来の経絡治療と氣鍼医術を分かつもの、それは脉締の存在と難経六十九難の解釈の違いです。

気鍼医術における難経六十九難の臨床的運用解釈

右膝内側の痛み、という症状を例としての解説です。

午後からはベテランも加わっての合同臨床部会。葛野代表も加わります。

理論はシンプルな氣鍼医術、治療の成否を左右するのは押手、取穴です。

教科書通りのツボの地図では収まらない、生きた取穴という考え方が大切です。

座学の後、まずは子午の実習から。

この日は脈診を体験したいという、経絡治療が全く初めての方が聴講に来られていました。手を触れ置くことから子午、そして脉締の感覚を体験していただきました。

1年間で脉の変化、押手、取穴、子午、奇経、腹氣鍼診断、そして本治法から標治法まで学んでいただきました。

基本は子午鍼法、初学者の方でも押手や取穴をしっかりしていただければ、ベテランに負けない治療結果が臨床において出されています。

再現力、即効性、治療力の3つを同時実現する氣鍼医術、皆様の臨床にぜひともお役立てくださいませ。

普通部 受講要綱

最後までお読みくださりありがとうございます。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

↑クリックしていただけると励みになります♪

Scroll to Top