上部尿路結石の疑いのある患者さん

47歳女性、「5日前くらいから、夜中に寝返りができないくらいの腰痛が始まりました」と15年ぶりに母親につれられて来院。確か結婚前に来院しているはず、とてもひさしぶりの患者さんです。
「息子が大学に入ったのを機会に関西に戻ってきました。引っ越しの疲れか腰が痛くて、今日は腰の真ん中から少し右側が張ります」
腰痛ではあるがどうも脈状がおかしい。革を帯びて沈んでいるうえにやや数脈である。革脈とは鼓の革を叩くがごとくの感覚のうえに、表面が弦を帯び中身が中空な脈状で、重要な病脈の一つである。
喉が渇いたりしませんか?
「1ヶ月くらい前からやけにに喉が渇くので気になってました。どうしてわかるのですか?」
腹気鍼診断®・奇経診断からやはり証が「脾虚腎肝実証」であった。またまた腎の石症状であろうことがほぼ確実である。

引っ越し作業であまり水を飲んでないでしょう?
「そういわれれば」
本治法終了し、腎実の処理が確実にできたので自信をもって言えることだ。
起き上がってもらって
はい、どうですか。腰のハリが今は無いでしょう?と尋ねると、
「はい、とても楽になりました」という答え。
腰の症状は取れたけど、これはただの腰痛ではないよ。一度病院で検査してもらいなさいな。上部尿路結石の疑いがあるからね、というと
「えー、私、胆石持ってるんですよ。石ですか~、連休中は片付けとかあるんで落ち着いたら検査に行きます」とのこと。
やはり「脾虚腎肝実証」という証は腎臓疾患に多い。もちろん肝・胆疾患にも多発する。
初出:2016/05/06
旧ブログ:はてなブログ
最後までお読みくださりありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑クリックしていただけると励みになります♪

Scroll to Top