奇経診断と本治法の連動症例(首の痛み2例)

その1

急患で「なんとか入れてください。首がうずいてまわらんのです。」と玄関先に男性が飛び込んできた。最後の患者を終えて往診に出かけるところだったが、急激な痛みとなると断るわけにはいかない。診ると、1週間にもなるという。今日治るか、今日治るか、と我慢していたが、ますます痛みが増えてきてうずくようになってきたという。右の頸、天柱辺りがずきずきとうずき、左25度で痛み、右15度で痛くて廻らない。

子午診断

右天柱(膀胱経)・・・左肺経列缺辺りー脉締なし
        右肺経列缺辺りー脉締あり

奇経診断

右申脉―左後谿・・・脉締なし
左後谿―右申脉・・・脉締あり

証・本治法

肝虚肺虚右から交差・全原穴
脉締を得て、頸のまわりぐあいも8割良好。うずきなし。
治療時間15分。

その2

首が痛くて、なんとかしてください。」と高校生の女子が、またまた飛び込んできた。左首が痛くて、身動きが取れないという。朝起きからだんだん痛くなり夕方全く動かせない。

子午診断

左回旋動作で激痛。後は身動くできない。
督脉病症(左後谿)とみて、左首実痛と診て右の肝経・中封に補法・・・脉締し瞬時に動作痛激減。

奇経診断

「左後谿・N―右申脉・Sの交差」で脉締。

証・本治法

「肝虚肺虚右下交差」 全原穴
「あー、楽になった」と言って帰って行った。治療時間8分。
次の日、学校にも行けたと2日目来院したが、全治していた。健康法を施してかえした。
初出:2016/12/07
訂正あり

訂正)奇経診断と本治法の連動症例


最後までお読みくださりありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑クリックしていただけると励みになります♪

Scroll to Top