経金穴で風邪を発見&治療

漢医堂社(やしろ)本院見学の感想を頂戴しました。

ぎっくり腰で二回目の治療に来院された患者さん

・座位で子午→奇経→本治
・標治は督脈と華陀穴に氣鍼①②
・ないとう式1射(督脈上連続糸状灸)
この流れで治療させていただきました。

本治法では兪土穴を用いましたが、
葛野先生の確認でこの患者さんは
経金穴が良く締まると御指摘をいただきました。
脈を診てやや風邪が入ってるということでした。

ぎっくり腰=兪土穴(体重節痛)という先入観から
その時の患者さんに合うツボを選ぶことが出来ませんでした。
その時の患者さんの状態をしっかり把握し選経選穴をしていたいです。
とても良い経験をさせていただきました。

北野鍼灸院(淡路)
北野文章先生

患者さんの治療のリズムの大切さ

そうと自覚のない患者さんに、風邪を引いていることを指摘することが多いです。

選穴の際、経金穴で脉締すればそれは風邪のシルシ。そして経金穴への補瀉によって風邪症状はその場で解消されます。

風邪を治せるのも氣鍼医術の治療力です。

最後までお読みくださりありがとうございます。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

↑クリックしていただけると励みになります♪

Scroll to Top