月: 2019年7月

月齢における適応側の変化〜気鍼診断の特徴のひとつ

難経69難の本治法において、証の適応側が月齢によって変化することに皆さんは気が付いていらっしゃるか。これは本治法において両側を補う治療家には無縁のことであるが「片方刺し鍼法」を信条とする我々としては重要な発見であった(拙 […]

患部を触らなくても治るのはなぜ?

こんにちは!鍼灸学校休学中の管理人ですよっ。 みなさんご存知のように(知らんか)私は氣鍼医術のサイトを作成に必要な知識を得るために鍼灸学校に入学しました。補瀉も虚実もなんのこっちゃの状態でしたので。しかし、経絡治療という […]

患部を触っても治らない踵の激痛

桃とブドウを出荷し、普通にコメも作っている毎日が多忙な農人である。 「田圃を歩いていると右の踵が痛くて歩けなくなる。朝起きの一歩目が激痛のこともあるが、今は抑えると痛み、歩く時にびっこをひくくらいで激痛ではない」。ややこ […]

患部を触っても治らないゴルフひじの痛み

59歳 男性 会社役員 長年にわたりゴルフが趣味だが、この2〜3年「右のひじ痛」で困っているという。 こぶしを握りひねってもらうと痛む(ひじ裏小腸経あたりの激痛)。普段はそうでもないが、プレー中に痛むので成績が良くない。 […]

弾発指 その2

52歳 男性会社員 左手薬指・小指の弾発指 「左手薬指・小指ともに半分しか握れないうえに、指が弾発して痛い」との訴え。 治療:標治法〜氣鍼の3以上(深刺し) 座位にて胸椎の圧痛部を探すと、4・5・6の間に反応があった。1 […]

頭痛の自己治療

こんにちは!頭が痛い管理人です。 頭が痛いとは、何か悩みごとがあるとかの例えではなく、ほんとに昨夜からズキズキ痛むのです。 そんなもん、自分で治さんか!と神の声が降ってきましたので、やってみました。 まずは脉診。 うおー […]

弾発指

46歳 女性 会社員、右手拇指の弾発指。 開業した卒業生から「痛みで夜寝れなくさせてしまいました。」と紹介してきた患者だから治さなきゃ立場がない。 右手拇指は腫れて、うずいて動かせない状態であった。整形外科を受診していた […]

Scroll to Top