目の前のものが全て

さ、彦摩呂の口調でみなさんご一緒に。

研修生デーはネタの宝石箱や‼️
1日のスタートはお灸から、という女性患者さん、冷え性がひどいのだそうです。
裏内庭と三陰交にはがっつりとお灸の痕が。
私なんぞよりお灸歴は長いでしょうから、私がさせていただいていても、自分でやったほうが早いわ、とか思われているのではないかとドキドキです!

裏内庭の施灸、20壮、30壮と数を重ねても「あちっ!」がやってきません。
今朝はお家でされて何回でしたか?とお尋ねしたら。
ら。
100回超えてた、と!!
やっぱ寒いと体調悪くなるんですねー、そうですね、と言葉をかわしていたら葛野先生から「直接灸や、直接灸、線香二本を直接あてろ」との指示が。

恥ずかしながら直接灸をするのは初めてです。黒焦げになった裏内庭に火をつけたお線香を二本セットであてます。

こっ、こわい。しかし、無反応。肌に直接火をあてているのに無反応。これはなかなかの衝撃でした。ほんまに熱くないんや。熱がられないとわかったので、遠慮なく続けていきますと、10回で「あちっ!」がやってきました。
皮膚に直接火をあてていても熱くない。
この現象を標準治療畑の方々にはなんと言えばわかっていただけるのでしょうか。

熱くないだけでなく、それが毒おろしになる、ということも。共通言語がないので理解してもらおうというのは無駄であるということはこちらの論文でも触れられています。
https://kishinijutsu.com/paper/%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e6%b5%a9%e5%bf%97%e6%b0%8f%e3%81%ae%e3%80%8e%e9%8d%bc%e7%81%b8%e3%81%ae%e8%ab%b8%e5%95%8f%e9%a1%8c%e3%80%8f%e3%82%92%e6%89%b9%e5%88%a4%e3%81%99%e3%82%8b%e3%80%9c%e3%81%9d%e3%81%ae/
非科学的だ、と言われるとついムキになってしまいますが、目の前で起きていることは事実ですし、症状が改善されていくことも事実です。
私事ですが、首筋に現れていたアトピー様の症状

3日でほぼ消えました。

裏内庭、100回超えから25回へと激減です。
え?証ですか?
毒おろしのお世話になるということは体の中になんやかんや溜まっているということ。飲食労倦で安定の脾虚腎肝実です♪

最後までお読みくださりありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑クリックしていただけると励みになります♪

Scroll to Top