半信半疑の鍼治療、患者さんの心を掴む

淡路の北野鍼灸院北野文章先生による、漢医堂社(やしろ)本院の見学感想です。

女性患者さん〜主訴高血圧

いつも治療に使うのは合水穴だが今日は栄火穴を使用。
普段合水穴で脈締する患者さんが合水穴では締まりがあまく栄火穴で脈締。栄火穴で脈締ということは体に炎症反応などがあるかもと思い患者さんの話をきいていると手術をした後で抜糸はまだだそうです。
手術後まだ炎症が残っているのかも知れない。

※使用穴の違いで不問診断ができてしまいますね!

腰が痛い男性、初診〜半信半疑で鍼灸治療を受診

子午治療から入り右腰の痛みに対して左から肺経を使用


じっくり補い腰を動かしてもらうと痛みがほとんどとれたとのこと、
本人は意味がわからないという顔をされており、それまで半信半疑だった鍼治療がこんなに効くとはとびっくりしてました。


本治→督脈処理→ないとう式灸で痛みや張りがなくなり満足して帰っていかれました。


子午治療は治せる+患者さんの心を掴むのにすばらしい治療だと思いました。

※子午は飛び道具とも言われています。まずは鍼灸治療に心を開いていただいて、それから信頼を積み重ねていただきたいですね!

北野先生、ありがとうございました 🐿

小倉出張治療会のお知らせ

↑ご希望の時間帯の確保はお早めにどうぞ。

最後までお読みくださりありがとうございます。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

↑クリックしていただけると励みになります♪

Scroll to Top