抜鍼、三度目の正直

こんにちは、門前の小僧です。

小僧の主な業務は盗み見です。

家政婦は見た、ばりに。

しかし見ていても何をされているのかサパーリわからないということもしばしば(おい。

補法の抜鍼は氣を漏らさないように、去ること弦絶のごとし!で素早く蓋をすることが大切です。

去ること弦絶のごとく抜鍼する際のオノマトペが「バシューっっ」であると国語辞典にも載っています(大嘘。

経絡治療家ならば抜鍼の様子を見れば、補法がなされていること、最初の2度の補法は不完全であったことがおわかりだったことでしょう。

お知らせ

12月5日(日)は氣鍼医術臨床講座普通部です。単発受講も可能です(受講費12000円)。ご希望の方は問い合わせフォームよりどうぞ。

小倉出張治療会のお知らせ

九州地方の治療家の皆様、氣鍼医術の即効性・再現性・治療力をご体験ください。

最後までお読みくださりありがとうございます。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

↑クリックしていただけると励みになります♪

Scroll to Top