飲みすぎで首が痛い(実話

こんにちは、門前の小僧です。

得意な証は脾虚腎肝実です。

好きな日本酒は菊正宗です。

好きなワインはスペインのリオハ、テンプラニーリョです。

覚えておいて損はありません。

みなさんご存知のように(知らんか)脉を見るといろいろバレてしまいます。

シラを切って通用する場合もありますが、どうにも誤魔化せないのが飲酒の有無。

飲酒量が脉の硬さにテキメンに反映されます。

昨日は中村泰山先生の治療を受けました。朝起きたら首が痛かったのです。

飲酒量と脉の硬さについて貴重なデータを提供できたと思います。

腹氣鍼診断®︎、奇経診断と進めていって下された結論は

飲み過ぎ

飲み過ぎてどこかにぶつけたとか、転んだとかではありません。

飲み過ぎのせいで督脈がへたったゆえの首の痛みです。

みなさんご存知のように(知ってるよね!)、後屈痛は督脈病症であるケースが多いです。

飲み過ぎで絶賛脾虚腎肝実状態、ということは肝は実です。

肝が実ということは、督脈は虚です。

督脈の虚実をすぐに答えられますか?

虚した督脈が頭を支えきれず、普段なら平気な動きでもちょっとしたことでダメージくらったのであろう、という診断でした。

飲み過ぎると首が痛くなる、新たな知見を得ることができました。

身を挺してのデータ提供、これこそが臨床です(違。

臨床結果を最優先して、古典の内容をアップデートしている氣鍼医術、是非とも皆様の臨床にお役立てください。

伝統鍼灸の発展的形態、それが氣鍼医術です。経絡治療を実践なさっている先生方にこそ、体験していただきたいです。

小倉出張治療会のお知らせ

01)鍼治療の定義〜ゼロから始める経絡治療

最後までお読みくださりありがとうございます。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

↑クリックしていただけると励みになります♪

Scroll to Top